発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

テニススクールに通います。 青木

 

f:id:smilehousejapan:20160812083916j:plain

 

 

 

今、フィリピン行きの飛行機の搭乗をラウンジで待ちながらブログを書いています。

 

 

 

大掛かりな関わりが始まりました。

長期間の支援になるかもしれません。

 

 

他県にスタッフを1ヶ月間派遣して関わりを持ちます。

一人で関わっているお母様のサポート援助と本人への関わりです。

 

 

 

 

女性スタッフか男性スタッフかどちらがよりマッチするのか、実際に訪問した折、本人さんの顔の表情から判断していただきました。

結果、女性スタッフが良いということになりました。

 

 

 

私の顔はもともと訪問向きの顔ではなく、反社会的な印象をもつ顔だと言われています。

 

 

そんな私ですが、以前は余命いくばくもない子どもたちへの訪問支援をしていました。

 

 

しかし、髪の毛が薄くなってき始めてからは、カツラを着用するように言われました。

 

 

 

必死に増毛にチャレンジしたのですが、効果はありませんでした。

 

 

余命いくばくもない子どもたちの環境から「死」を連想させるものは全て排除しなければなりません。

その結果、私も訪問支援の場から去らなければならなくなりました。

 

 

冗談のような本当の話です。

子どもたちの周りには「死」を連想させるものではなく「生」を感じさせるものを配置しなければならないのです。

 

 

「秋」ではなく「春」

「年寄り」ではなく「青年」

 

 

話は逸れましたが、女性スタッフが1ヶ月間愛知県より他県に移り、関わっていくのです。

 

 

その人が良くなるならばどんなことでも果敢にチャレンジしていく私たちです。

今回はテニススクールに通う決断をしました。

 

 

テニススクールに通うことが私たちの活動なのです。

コーチにお願いして、短期間でなんとかラリーが出来る具合にして欲しいと直訴する予定です。

 

 

早速テニス用品を購入しました。

f:id:smilehousejapan:20160812083408j:plain

f:id:smilehousejapan:20160812083419j:plain

私もまた購入し、フィリピンで特訓してきます。

 

f:id:smilehousejapan:20160809160758j:plain

 

私の世代のアニメはこれですね。

 

f:id:smilehousejapan:20160812084205j:plain

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

  ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。