発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

長年ひきこもっていたAさんに期待します  青木

 

f:id:smilehousejapan:20160520080615j:plain

 

 

Aさんと10日間一緒にいたことでわかったことは次のようなことです。

 

1、不自由なく会話ができる

2、相手を思いやれる

3、状況を楽しむことができる

 

 

そのことでAさんは発達障害の二次障害というより「じっくり考えて行動する」という彼のペースが周りのペースと合わなくて自信をなくしていったのではと思いました。

 

 

私たちは診断が出されているかどうかを必ず親御さんとの面談の中で伺います。

 

 

しかし診断名よりもその人の特徴や状況をよく理解することがもっとも大切なことだと考えています。

 

 

アセスメントを元にして回復への支援計画を立てます。

 

 

とはいえ、長年ひきこもった人なので急な環境の変化はかなりのストレスになると思います。

焦らずにしかし確実に支援をしていくことが大切なのです。

 

 

彼にふさわしい環境をこれから作っていきます。

その中で様々な体験を通して成長していけるようにします。

 

 

しかし、中高年という年齢を考えますと日本では「アルバイト」を見つけるのがやっとだと思います。

 

 

でもアルバイトではこの先も希望を持ち続けて行くことはむずかしいでしょう。

 

 

大切なことは彼の良いところを思いっきり伸ばしてそのことで生きていけるようにして差し上げることです。

 

 

さあ、これからAさんとの二人三脚の日々が始まります。

 

 

私たちはAさんに期待をしているのです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。