発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害の子どもに性教育 大統領

 

f:id:smilehousejapan:20160316094744j:plain

 

 

〈お願いです。〉

今日は過激な描写がありますので、そういうことに嫌悪感を持つ方は読まないでください。

 

 

僕は僕のような程度の悪い発達障害の人たちにはとても大切なことだと思いしまたので書きます。

 

 

温泉に入る前にお湯で体を流した。

お尻の周りと前の部分を洗った。

 

 

温泉には誰もいなかったのでスタッフさんが色々と教えると言ってくれたんよ。

 

 

隣同志の洗い場にした。

そして講義が始まったんよ。

以下スタッフさんの発言です。

 

 

まず体の洗い方。

特にちんちん周り。

ちんちんはとても大切です。

 

 

大統領のちんちんは皮を被っているけれど、できるだけ剥くようにしなさい。

皮を被った状態を包茎という。

 

 

包茎のよくない点。

1、汚れが溜まりやすく、それはとても強烈な異臭を周りに放つ。

2、異臭の元は殺菌の繁殖だから、衛生的によくない。

3、毛が巻き込まれて痛みを伴うことがある

4、形が子どものおちんちんのように見えて見栄えがよくない

5、刺激に弱わく早漏になりやすい

 

 

まだ他に色々言われたけれど。

すごく新鮮やった。

話自体が。

 

 

 

あれから夜な夜な自分のちんちんを眺めている。

 

 

ただの突起物かと思っていたうちのちんちんがとても大切なものだということ。

それよりもなんか秘密の話を決してお天道様の下で話せない様なことを話せたことがとても嬉しかった。

 

 

 

湯船に浸かりながらスタッフさんに聞いたんよ。

みんなはこんなことをどんな風にして学んでいくのか。

主に学校の先輩や友達、昔はラジオなんかも重要な情報源やったんやって。

 

 

アアアアアア、なんやそれ!!

そんならうちみたいな不登校で友達がおらんかった子どもたちは学ばずに大人になって行くやんか。

 

 

はい、それでまた問題が起きるでしょう。

 

 

そういうことなんか、すべて関係してくるやんか。

続けてスタッフが言ったんよ。

 

 

子どもに教える役は本当はお父さんなんだけどね。

日本のお父さんは教えないんだ。

と言うより、子供との関わり方がわからないんだよ。

 

 

 

仕事に逃げている人も多いよね。

それはうちの父親や。

何も教えてくれへんかった。

 

 

父親の存在ってお金を家庭に運んでくるだけの人。

そんな気がするわ。

存在感ゼロ。

 

 

よく見たらお母ちゃんの顔にひげが生えとった。

おそげえ!!

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←「クリック祭り」にご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。