発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害者支援 アスペルガーな僕は子供を作ってはいけない

f:id:smilehousejapan:20151210102630j:plain

 

 

 

 

工場の先輩が僕に結婚しないのかと聞いてきました。

僕がどう答えていいのかわからなかったので黙っていたら、親はお前より早く亡くなる。

 

 

家に帰っても誰もいないんだ。

お前に話しかけてくれる人はいない。

お前が病気になっても誰も看護をしてはくれない。

 

 

休みの日もお前の友達はテレビだけだ。

お前は一人。

スーパーに買い物に行って家族連れとすれ違うときの悲しさ。

 

 

今は両親がいるからわからないと思うけれど、両親がいなくなった時には手遅れだ。

今のうちに結婚する相手を探すことが大切だ。

 

 

そう言ってくれました。

その先輩はとても優しい人なので僕のことを自分のことのように心配してくれるんです。

 

 

でも僕はそのことを考えるのが怖いです。

僕にはともだちがいません。

 

 

僕には一人も友達がいません。

アニメも鉄道も決められた時間と場所に行けば話す人がいるだけです。

僕にはともだちがいません。

 

 

僕は一人だということに気づきました。

ヒロのようにみんなで笑っている集合写真を撮る相手もいません。

 

 

結婚。

結婚したいです。

でも僕はアスペルガー症候群で他の人と一緒にいると相手の人を嫌な気持ちにさせてしまうから友達がいないんです。

 

 

アスペルガー症候群でも程度の良い人たちは結婚して家族をつくれます。

僕のような状況が良くないアスペルガーたちは結婚してはいけないんです。

周りの人たちを不幸にさせてしまうからです。

 

 

お母さんが泣いていたのは僕のせいだから。

お父さんとお母さんが喧嘩をしていたのは僕のせいだから。

 

 

僕がアスペルガーじゃなければ今頃お父さんとお母さんは孫の相手ができて楽しく暮らしていたはずです。

 

 

その夢を奪ったのは僕です。

僕はいつまでたっても親の手をわずらわすだけの人間です。

生まれてこなければよかった。

 

 

お母さんはお願いだからその言葉は言わないでと言いました。

でも僕はそう思ってしまいます。

僕は一人が嫌なんだ。

 

 

もう嫌だ。

一人は寂しい。

一人は嫌なんだ。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←「クリック祭り」にご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします。