発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害支援 失敗に終わった初恋顛末記 2 程度の悪いアスペな男 

 

f:id:smilehousejapan:20140302111731j:plain

       絶体絶命とはこういう状況ですよね

 

 

さすがにおかしいと思い始めた彼女。

その彼女が切れたんだ。

きっかけは、俺の大学内での態度。

 

 

俺はアニメ同好会に所属していて、暇があったら大学内でアニメ談義にはなを咲かせていた。

特に一人の女子学生は熱狂的なアニメファン。

休み時間に俺とその女の子は学食で、渡り廊下で、アニメの話をしながら馬鹿騒ぎをしていた。

 

 

その光景が気にくわないと彼女が言い出したんだ。

彼女は「セーラームーン」が好きな程度。

俺とはアニメの話はしない。

 

 

というか、彼女が出してくる話題は「ファッション」とか「ファンシーグッズ」とか「美容」とかおれにとっちゃあ、チンプンカンプンなことばかり。

 

 

 

確かに、青木さんにコーディネイトしてもらった俺は、流行りの服を着ていた。

それは青木さんに着せられていただけで、どこのブランドでなんていうことは何も知らないわけ。

 

 

だから彼女が俺の着ている服や、靴を指差してその話題に移っても「そうなんだ」とか言えない俺がいた。

一緒にいても全く盛り上がらない二人。

 

 

俺はもちろん彼女が好きだった。

彼女のどこが好きかというと・・・・・・

服越しにも想像できるでかい胸。

 

 

形のいいおしり。

なんか妙にセクシーな口元。

「そんな風に女性を見るなんて、あんたは最低な男や!!」

 

 

すみません、お許しください、下品な俺を。

 

 

まあ、そんな風ですから、ほどなく関係は破綻。

ここからが、大きな問題に発展していく。

 

 

アニメ同好会の女学生とは校内で盛り上がっているのに、彼女と二人だけの時は、お通夜みたいなことが、彼女は納得できなかった。

そこで彼女は想いを巡らせた。

「あの、日本人は私の心を持てあやしただけ」だと。

 

 

そう思ったら、すぐに大学構内で言いふらしたんだ。

瞬く間に、大学構内で、俺の噂は広まった。

 

 

 

みんなが俺を見る目が変わったことに気付いた俺。

「ヒロ、おまえなんかしでかしたのか?変な噂が回っているぞ」

男友達の一人が俺に忠告してくれた。

 

 

 

クラスで席に着こうとしたら、クラスの連中は俺を避けやがった。

ダンスの授業で、俺だけパートナーがいなかった。

 

 

 

「そうきたか、あつはっはっは、小、中と同じだ、気持ち悪い、ゴミ、最後は死ねか」

そんなに俺は悪いことをしたのか

 

 

噂の中身がわかってきた。

 「日本人がレイプして妊娠させた」

「殴って病院に入院させた」

「浮気しまくり女を泣かせている」

おい!! まだ手しか握ってないぞ、マリア様の処女懐胎か?

噂は大学の先生方の耳にも入って行った。

 

 

ある講師が冗談でその話題をを授業中にもち出したんだ。これには参った、大学の先生が面白おかしくそんなことをしたんでは、この噂は本当ですといっているようなもんだ。

 

 

さらに、彼女の男友達から、俺を誹謗中傷する内容のメールが携帯に山のようにきだした。

絶体絶命、もうだめだ、追いやられた俺は・・・・・・

 

f:id:smilehousejapan:20141224125030j:plain

 

「さあ、こまりましたね。どうします? まだ、テレフォン オーディエンス 50/50 残っていますよ。」

「サポートセンター名古屋のスタッフで!!」

俺は助けを求めた。

 

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。

日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ