発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

程度の悪いアスペな俺 勉強?何もわからなかった。だからオール1だった ヒロ

f:id:smilehousejapan:20150128083046j:plain

日本での騒動なんか関係ない!!フィリピンでは依然として大人気!!

 

 

ひなママさんという方がみえる。

支援の現場に立ち、迷うお母さん達を励まし支えてみえる方。

俺のようなどうしようもない人間にもあたたかなまなざしを注いでくださる人。

 

 

発達障害の勉強をしている人は多いんだ。

しかし、知識の量と相手を思いやる心を持つ事は違うんだ。

(すみません、どこかの講師が言っていた事をそのままパクリました)

 

 

このひなママさんという人は相手の気持ちを考えられる支援者なんだ。

なんちゃって支援者が多い中(俺の経験から)、俺がこの人ならって信頼を寄せる事が出来る方なんだ。

 

 

だから毎日、ブログの記事に目を通している。

うれしいんだ、お母さん方を励ましている記事を目にすると。

パソコンの画面に向かって、「大丈夫だよ!!おかあさん、笑って、にっこりして」

って叫んでいる俺がいる。

 

でも、読んでも意味が分からないときがある、そんなときは読み飛ばすんだ。

もちろん、俺は程度の悪いアスペな男だから、読解力っていうのが他の人と比べて少ないんだろうな。

だから、俺だけがわからないだけなんだ。

 

 

2日前の記事も読んでなんか言いたくなったんだ。

でも、良くわからなかったから、サポーセンター名古屋のスタッフに解釈してもらったんだ。

「ひなママさんのおっしゃる通りだよ。やはり3年生で問題がではじめるんだよ」

 

下記がその文章です、読んでみてください。

 

グレーな卵、金の卵になあれ 凸凹っ子は集団塾では限界があるか?

 

 

俺は、塾に通わされていました。

でも、ダメでした。

今考えると、塾にたくさんの生徒がいた事で、とてもうるさかったんだ。

 

 

皆がしゃべる声で頭がパンクしそうになったんだ。

それ以上に、勉強なんてまったくわからんかった。

「何がわからないの」って塾の先生に聞かれても、答えようがなかったよ。

 

 

それ以上に、もう勉強はしたくなかった。

勉強と聞いただけで、パニックになりそうなまで、俺は追いつめられていたんだ。

 

 

 

で、お決まりの、家庭教師。

大学生で、とてもきれいな先生だった。

だから、正直うれしかった。

 

 

優しく色々と俺の言葉に耳を傾けようとしてくれたけど、話す事は何もなかった。

何もね。

 

 

気持ちが下がってしまっているんだから、どうしようもないよね。

今になって、ほんと、今になってあのときの俺の気持ちがわかるんだ。

だから、俺に取って一番良い先生は、今の俺自身だろうな。

 

 

俺が、タイムマシンに乗って、あのときの俺に出会えれば、きっとうまくいくよ。

 

 

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。

日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ