発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

程度の悪いアスペな俺 5年前の支援仲間が訪ねてきてくれた ヒロ

f:id:smilehousejapan:20150113080643j:plain

 

 

12月に入って、青木さんから俺宛に電話があった。

「T君のこと覚えている?」

「誰、それ」

 

 

「5年前に一緒に日本で支援を受けていたT君だよ」

「あっ、あいつ何かしでかしたんですか?」

「違うよ。君のブログを発見して読んでたら、君に会いたくなったんだって、それでフィリピンまで来てくれることになったよ」

 

 

「仕事は?」

「新しい仕事に変わるから、一ヶ月近く時間があるんだって」

「Tが俺に会いに来る為に、フィリピンまでやってくる?」

 

 

Tは優しい奴だったという記憶がある。

サポートセンター名古屋で支援を受ける人たちは平均して3年程度の支援を受ける。

年齢が若かったり、状況が重くない場合だと、1年とか2年とかかな。

 

f:id:smilehousejapan:20141220175332j:plain

 

 

俺と同時に支援を受け始めた、これまた年齢が同じ3人組がいた。

そのひとりがTだ。

Tは確か2年程度で支援が終了し、仕事につけたんだ。

3人組で俺だけが取り残された。

 

 

 

 

Tが支援が終了し仕事に就く為に田舎に帰る日、俺に食事をおごってくれたんだ。

「おい、飯いかねえ」

いつも言葉少なにしているTからの誘いに俺は驚いた。

f:id:smilehousejapan:20150113081847j:plain

 

おごってもらったのは、バーミヤンという中華料理の店。

安さと早さを売り物にするどうってことない店。

そこで、俺たちはランチ定食を頼んだ。

 

 

カウンターに並んで、黙々と飯を胃袋に詰め込んだ。

その間、会話なんて何もない。

しかし、俺はTの優しさを痛いほど感じていたんだ。

 

 

もう少しで、泣きながら餃子定食を食う俺様がいた。

「また、どこかであえると良いな。元気でな」

そう言うと俺たちは別れた。

 

f:id:smilehousejapan:20150113084009j:plain

 

あれから5年が過ぎたのか。

あっという間の5年だった。

Tの5年間はどうだったのか?

 

あったら聞いてみたいと思ったんだ。

Tの優しさに感謝。

 

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。

日本ブログ村に参加しています。

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ