発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

いじめた奴らに復讐だ しかしサバイバルナイフを捨てたヒロさん 大統領

f:id:smilehousejapan:20140223150614j:plain

 

 

 

僕は今2つのブログを書いているんよ。

1つはこのブログです。

もう1つは昔から今までの記憶をさかのぼって、その時々の事を整理しているんよね。

 

 

 

何が起きて、そのときの自分の気持ち、どういう手助けが必要だったか、そのときの周りの人達の気持を考えたりとか。

昔の事はもう自分に関係ないと思っていたんよ。

 

 

 

 

昔の事は忘れたってね、思っていたんよ。

違ったんです。

何も忘れていない。

 

 

 

自分の心の奥深くに留まっていた、どす黒い気持ち。

そんな嫌な気持ちをもう一度引っ張りだして、直視して、頭の中で整理する事で、嫌な過去を断ち切るという作業なんよ。

 

 

 

大変だけれど、僕自身、この作業を納得しています。

 

 

 

その作業をやり遂げた先輩にヒロさんという方がいます。

ヒロさんは自分で程度の悪いアスペルガーと言っています。

サポートセンターの歴史の中でも大変な部類に入る人らしいです。

そのヒロさんの講演会を聞いた事があるんよ。

 

 

 

「僕はいじめられた事を感謝している」

 

 

 

そう、ヒロさんが話ているのを聞いたとき、僕は思わずレコーダーの停止ボタンを押したさ。

理解できなかったんよ。

 

 

 

だって、この人マジで、めちゃくちゃにいじめられた人というか、小、中で人間扱いされなかった人なんよ。

だから、いじめた奴らに復讐する事を目標に生きてきた人なんです。

 

 

 

そのヒロさんが支援を受けて、変わったんよ。

お母さん始め、家族に対しても謝りたいって言う感情を持っているし。

肌身離さず持っていた、復讐用のサバイバルナイフ、それをもう必要ないからって、スタッフに渡したんだって。

 

f:id:smilehousejapan:20140225112221j:plain

 

 

それからフィリピンに渡り、フィリピンの貧しい子ども達の為に一生懸命働いてきたんよ。

僕みたいに、死に損ないの様なもんに優しく接し続けてくれていたし。

 

 

f:id:smilehousejapan:20131125082919j:plain

 

 

もちろん、色々とさ、僕が来てからも失敗続きで、へこんでいたけれど、ゆっくり成長して行ったんよね。

昔のように、テンション高いって言うのはなくなったし、最近は別人のようになってしまった。

 

 

 

なんか、このまま、昔の事も完全に忘れ去ってしまい、僕の事も忘れてしまうんじゃないかって、とても寂しい気持ちなんよ。

もう少し待ってほしいんよ。

 

 

 

僕もきっと、ヒロさんの様に前向きに歩いていけるんじゃないかって思えるんよ。

 

 

 

そのヒロさんから、「過去の自分と向き合うのは辛いけれど、自分の過去を整理する事はとても大切だ。」

「過去を清算して、早く自分の未来に進めばいいさ」

 

 

 

そんなふうな事も言ってくれたんよ。

 

 

 

でも、わからない事があるんよ。

過去の事をさかのぼっても、嫌な過去は変えわれんよね。

僕は運が悪かったって思うしかないんじゃないかと思っているんだけれど。

 

 

 

どうしたら、「いじめられたことを感謝している」って思えるようになるんやろ。

だれか教えてほしいんよ。

 

 

 

 

にほんブログ村に参加しています。

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ

にほんブログ村