発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害支援 サボートセンターなんか行きたくない!! ヒロ

 

f:id:smilehousejapan:20130410180356j:plain

 

 

 

2週間後、俺の帰る場所は自宅しかなかったので、深夜に帰宅しました。

玄関を静かにあけると、玄関先で父が布団をひいて寝ていました。

すぐに、俺の帰りを待っていてくれたのがわかりました。

 

俺が帰って来た事に、父はすぐに気づき起きてくれました。

その時の父の様子を忘れる事はできません。

「帰って来て良かった。」「お腹すいてないか?」「お風呂わいているよ」

 

普通に接してくれたことで、僕は泣いてしまいました。

どうしてこんなに優しい父を困らせているのだろうか。

一瞬そう思うのですが、すぐに、いい知れぬ不安や恐怖の気持ちに満たされます。

 

僕が家出をしている間に父はサポートセンターに何度も足を運び、相談に乗ってもらっていました。

父は「発達障害の人を個別で支援している人たちで、色々な体験をしながら自信をつけていくやり方だから、お前に向いている。」と言いました。

 

でも、僕は全く興味を持ちませんでした。それよりどうやって、家を出られるかその事ばかり考えていました。

自宅に帰ってからは、いつもと同じ生活が続きました。

 

母といがみ合い、怒鳴り合い、暴力を振るう。

既に2回も大けがをさせてしまっているのに、何も変わらない状況が

いい加減嫌になっていました。

 

そんなとき、父から、サポートセンターの話は断るから、一度だけ会ってそれで断らないかと提案されました。

今まで何十通の手紙をくれていたので(一通も読んでいません。全てゴミ箱行き)

一度ぐらいは、その顔を拝んでやってもいいかなと思いました。

 

2006年5月のことです。

 

 

にほんブログ村に参加しています。

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村