発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

発達障害支援 なぜ僕は不登校になったのか ヒロ

f:id:smilehousejapan:20130329124901j:plain

 

キリスト教会で僕の過去の事を話し終えた後、皆さんに励まされている写真

 

僕は小学校から他の皆とうまくいきませんでした。

3年、4年は1日も行けませんでした。

学校が怖くて、朝になるとおなかが痛かったのです。

 

でも、5年になってこれ以上勉強が遅れると大変だからと

母に無理矢理に行かされました。

勉強は社会だけ5で後はオール1でした。

 

社会は戦国時代が好きでした。

上杉謙信武田信玄が特に大好きだったので、社会だけは勉強しました。

あとの教科はよくわからなかったです。

 

体育等で使う笛の音が聞こえたりするとその音が長く頭に残ってしまいます。

廊下を誰かが歩いていると、その人を追いかけてみてしまいます。

だから授業中の先生の声が頭に入りませんでした。

 

でも、小学校の頃の事はあまり覚えていないんです。

特に怖かったのは中学校です。

中学校の頃のつらい事は長く自分の中で封印していました。

 

でも、去年大津市でいじめが原因で自殺した中学生の話を聞いて

昔の僕の心の傷が痛みだしました。

何年かぶりに眠れない日が続いたりしました。

 

サポートセンターの青木さんに話を聞いてもらい続けました。

「封印するのではなく、全部出してしまったらどうかな」と言われたので

自分なりに考えて、新聞社に投稿しました。

 

新聞記者の人が「素晴らしいですね。」

「過去が誰かの役に立つと思って、投書してくれた気持ち、受け取りました。」

と言ってくれた時は、涙が出そうでした。

(続く)

 

にほんブログ村に参加しています。

下記バーナーのクリックにご協力をお願いします。 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村