発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

お前を置いて先には死ねないよ。東大

ぼくはすでに両親を天に見送っています。 兄弟が1人いるので、天涯孤独というわけではありません。 その兄弟も、母親と同じようにひきこもり続ける僕を一度も責めることはしませんでした。 今はその兄弟と、僕がひきこもっていた30年間のことを話題にできる…

東大卒、30年間ひきこもりました。それが何か?東大

僕は東京大学を卒業した。 卒業後は大学院に進学し、その課程を終えた。 そして30年間ひきこもった。 大学院在学中から不安が増して、人の視線が怖くなり、家から出られなくなってしまった。 大学院はなんとか終了したが、ゼミの担当教授からは、就職に際し…

人は変わりにくい。だから変わりたいと思っている人から支援していく。東大

「東京大学を卒業されているので、やはり文章がお上手ですね。」 この2日間でいただいたメールの中で、僕の印象に一番残ったメールです。 文章を書くのはとても難しいです。 できれば、書きたくないのです。 でもなんとかブログに穴を開けたくないので書いて…

両親と僕との関係の中で思ったこと 東大

俊介さんはお父さんの思い出がほとんどないそうです。 ヒロさんの文章を読んで、母親とのことを書いてみようと思いました。 いざ机に向かっても母親とのことを思い出せないのです。 僕にはただ優しかった母としか思い出せないのです。 ヒロさんのように母親…

おかあさんから言って欲しかったたった1つの言葉。東大

ヒロさんは本当はとてもナイーブな人です。 ヒロさんが調子を崩しています。 前日のブログで、彼が書いた通り精神的に不安定になっているのです。 部屋から一日中出て来ず、ごはんも食べずにひきこもっています。 ヒロさんが母親にどんなことをしたかは、彼…

母親を傷つけるのはもうやめてくれ。頼むから。ヒロ

アクセス数が伸び悩んでいます。 俺としては1日10000人の人がこのブログを訪れて欲しいです。 5年くらい書き続けているけれど、アクセス数が伸びない。 「中身がないから訪れないんだよ。」 それを言っちゃあ、おしまいよ!! あのう、今サポートセンターに依…

特訓に次ぐ特訓でアスペルガーの俺は英語をマスターした。ヒロ

8年前です。スタッフに囲まれる俺です。痩せてますね。ピンクがケイさんです 僕が英語を一生懸命やろうとした理由は「女性」のことでした。 1人の女性を好きになり、なんとかその女性と話がしたかったのです。 僕がフィリピンに行って、最初に僕のお世話を…

小、中不登校だった僕がやる気を出した理由とは ヒロ

僕はアスペルガーとADHDと診断されています。 合計4ヶ所の病院で診断してもらいました。 まあだから誤診ということはないとは思います。 ただ1件の病院は「発達障害なんていうものはないんだ。あなたの考えがあなたの行動を引き起こす。真面目になりなさい。…

皆様の優しさにもっともっと感謝するんだ!!ヒロ

試用期間を設けて採用するかどうかを見極めてくれる会社と出会いました。 今はすでに試用期間の最中です。 特別な計らいで週に2日間はサポートセンターでの仕事が許されています。 ぼくは全力で頂いたチャンスをものにします。 どうなるかはわかりませんが、…

就職できるかもしれません!!試用期間を頑張ります。ヒロ

ひたすら会計のやり方を勉強してきました。 正社員目指して第1歩を踏み出します。 12月より試用期間が始まっています。 3ヶ月の長期に渡り試されます。 フィリピンに関わる日本人の支援をしている会社です。 仕事の内容は事務仕事です。 給与は日本での採用…

あるがままに。ヒロ

研修会にて。9年前くらいですか。色々とご一緒いたしましたね。 僕は程度の悪いアスペルガー。 小学校と中学校にはほとんど通っていない。 いわゆる不登校児でした。 中学を出てからは非行に走り、なんども警察に捕まりました。 父はなんとかしなければと危…

父からの読み聞かせで言葉を学んだ僕 ヒロ

大学時代の友達。一緒にサポートセンターで働いています。 なんどもなんども過去のことを思い出しています。 思い出したくもない過去。 その過去の出来事が1場面、1場面、額に入った写真のように思えてきます。 何が僕に起こったのか? それがどういう意味を…

15歳の僕はレストランで暴れて警察署に連れて行かれた。ヒロ

新天地でお友達ができたそうでなりよりですね Mr.Joe 僕はていどの悪いアスペルガーな男。 29歳で今はフィリピンに住んでいます。 フィリピンに住んで今年で8年目になります。 父親と最後に会ったのは8年前です。 母親や他の家族とは13年間会っていません…

探し続けてください。子どもたちを助けてくれる人たちを。ヒロ

高校を中退してしまったら、途端に支援は無くなります。 向こうから自宅に訪問してくれる人もいません。 待っていても誰も助けてはくれません。 だったら、こちらから助けてくれる人を探しに行くしかありません。 どこに行けば、発達障害の2次障害でひきこも…

中学卒業後手厚い支援はなくなる。中学までになんとかしたいです。ヒロ

サポートセンターで支援を受け続けて13年になります。 16歳から支援を受け始めて今年で29歳です。 小学校、中学校で僕は不登校でした。 つまりほとんど学校に行っていないということです。 もちろん先生方は一生懸命僕を学校に戻してあげようと一生懸命でし…

文科省のみなさん、お役に立てることはどんなことでもいたします。ヒロ

小学校、中学校の先生たちのことを書きたいと思います。 少し前に教育委員会の方から「教師の研修として、当事者の話を聞かせて欲しい。」とサポートセンターに依頼がありました。 また「サポートセンターの発達障害の青少年たちへの支援の実際も合わせて聞…

誰が発達障害の子どもに手を差し伸べるのか?ヒロ

子どもの周りにいて子どもに影響を与える人たち。 1、両親 2、小学校、中学校の担任。 養護教諭(保健室の先生)、スクールカウンセラー。 3、友達(僕には1人もなし。) 4、児童相談所 5、サポートセンターの様な民間支援団体のスタッフ こんな感じですかね。 …

親のことを思う。ヒロ

僕は学校の勉強ができなかった。 何もかもがわからなかった。 そういう書き方が正しいな。 学校ではいじめられもした。 時には「お金を持ってこい。」と奴らは俺を脅迫した。 従わないと殴る、蹴るのリンチだ。 多い時には母親の財布から10万円を取った。 も…

発達障害が問題なのではなくて。ヒロ

学校の勉強がわからない。 基本的な生活習慣を身につけられない。 そんな僕のような状況の人たち。 でも発達障害が問題じゃないんですよ。 問題なのは周りとうまくやっていけないことです。 時間がたって歳を取っていけば自然と周りとの差を段々と感じていく…

経験することで僕たちは前に進む。ヒロ

以前書いた記事。 どこかにあると思います。 なんせサポートセンターはブログを一生懸命育てるという考えはないらしいので、整理されておりません。 残念!! すみません今年の5月くらいにその記事はあると思います。 おいらはスタッフ見習いということで、修…

さっさと回復して笑顔になろうじゃありませんか!!ヒロ

無事フィリピンに帰ってきました僕です。 やっぱりほっとしますね。 日本は素晴らしい国です。 その日本で働いて、暮らせていければ幸せでしょうね。 しかし、僕にはそれは難しいのです。 だからこの地で生きていきます。 ここで頑張れば、いつか日本で生活…

偉い人と会ってお寿司を奢ってもらいました。ヒロ

僕が日本に帰っている間にひきこもりから人生をやり直すためにフィリピンに渡った人が1人います。 すごいことですね。 僕も日本でちんたらしてはいられません。 すぐにフィリピンに帰って支援に参戦します。 で昨日は会計処理をやりました。 1から色々と教え…

中学校での講演会と教師の方への講演会終了しました。ヒロ

昨年の写真しかありません。 講演会が終わりました。 しかし写真がありません。 どうして? 俺とサポートセンターのスタッフ1名が講演会に臨みました。 俺は中学校に行くと未だにフリーズしがちです。 あの雰囲気が昔を思い出させます。 それでスタッフが最初…

高校だけは最低出ておけ!!バカな俺からの最大のアドバイス ヒロ

「高校にどうして行かなかったのですか」という質問は多くの面接で聞かれた。 「高校にどうして行かなかったのですか」と聞かれたら、こう答えなさいとスタッフから教えてもらった。 「若気のいたりです。今は反省しています。アルバイトをしながら高卒認定…

アルバイトに受かりたい、スタッフとの修行が始まった。ヒロ

アルバイトの面接の練習をしました。 実戦さながらに練習しました。 僕の動作や視線、姿勢まで徹底的に凝視されました。 面接官の質問にどう答えるかまで徹底的に練習させられました。 もう大丈夫だろうということで、アルバイトの面接に臨みました。 しかし…

アルバイト100社受けて3社しか採用されなかった ヒロ

小、中と不登校だった。 成績ははっきりとは覚えていないけれど、多分オール1だと思います。 中学校を卒業した後は高校に入った。 「おい、てめえ、嘘はやめろ!!オール1の成績で入れる高校なんかあるもんか」 それが、あるんですよ。 「名前だけは忘れずに…

中学生と先生向けの2つの講演会をさせてもらいます。ヒロ

昨日日本に帰国しました。 夕方にセントレア空港(中部国際空港)に到着したんです。 フィリピンでサポートセンターの支援を受ける決断をされたある人が、偶然にも僕と行き違いで僕が日本に到着した翌日にフィリピンに行くんです。 それでスタッフからその人と…

13年間支援を受けたにも関わらず、日本社会に戻れない俺 ヒロ

13年間支援を受け続けて俺は変わった。 俺自身がそう感じるんだから、周りからみたら激変という感じだろうな。 そして来年の3月で俺の支援は終わる。 俺は日本に帰ることを決めていた。 日本で1人で生きていく。 そのために年明けから仕事を探すつもりだった…

自分は変わったと勘違いしていたバカな俺。ヒロ

丁寧に掃除をしましょう。横でスタッフが睨みをきかしているんです!! スタッフに俺の頭の中の混乱の正体を整理して教えてもらった。 そして俺なりにわかったこと。 1、日本での生活は今は諦めるしかない。 理由は、しっかりとした自信が自分の中に未だに根付…

アスペルガーな俺に新幹線の切符の買い方を教えてくれたスタッフ ヒロ

生きていくの辛いですね。 スタッフが僕に謝った。 「新幹線の乗り方を教えていなかったね。わからないのも当然だよごめんなさいね。」 それで駅が空いている時間にスタッフが僕を名古屋駅に連れて行ってくれた。 そして新幹線の切符の買い方をマシーンを使…