発達障害な僕たちから

発達障害と診断された、ヒロ・アオキとその仲間達が日常生活での生きづらさや奮闘を素直に綴っていきます。よろしくお願いします。

特別支援教育ネットでの発表会があります。 ヒロ

 

www.youtube.com

 

 

やすさん、風邪をひいて寝込んでるそうです。

僕がピンチヒッターで本日は書かさせていただきます。

 

 

やすさんのブログ、大変素晴らしいと思います。

 

 

アスペルガーと診断を受けているそうですが、やっぱり色々と大変な状況がブログを読んでいて手に取るようにわかります。

 

 

最初にフィリピンで一年間支援を受けて、それで一旦日本に帰ってまたフィリピンに来てという繰り返しの中で、まあ状態は良くなられたということらしいです。

僕は知らないんです、この人のこと。

 

 

支援を受けている人同志、他の人たちの存在を知らないようにしているのですよ。

 

 

でないと嫉妬や、他者と比較したりして支援を受けるどころじゃないわけです。

 

 

やすさん、また体調が回復しましたら、僕に言ってください、ブログの順番をお渡ししますから。

 

 

さて、僕はこの3月31日に大学の卒業式があります。

4月1日からはサポートセンターの職員となります。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

期間は3年間です。

3年後には一般企業に就職する目標を持っています。

 

 

4月からは講演会や勉強会のために日本に帰ります。

いろいろな団体さんが呼んでくれて、僕に話す機会を与えてくれています。

 

 

ぼくはアスペルガーと診断されて、小、中と不登校

 

 

義務教育終了後は自宅にひきこもり、家庭内暴力で家族を傷つけました。

 

 

また、ストーカー行為や、その他の行為で警察に捕まり、一時は少年院送致にもなりかけました。

 

 

そんな僕が変わったのです。

できないことはまだまだたくさんあります。

コミニュケーションもところどころおかしくなって周りから変に見られる僕です。

 

 

でも絶え間ない練習の成果でできることも増えてきたんです。

 

 

僕の状況はかなり悪かったということです。

いろいろな支援団体や精神科のお医者さんにもお願いしたのですが、匙を投げられてしまいました。

 

 

しかし、僕に合わせた環境をつくり、その中でゆっくりと僕の気持ちを下げずに支援を続けてくれたので、僕は高校も卒業できたし、考えてもいなかった大学も卒業することができるまでになりました。

 

 

人は変われる。

僕のような状況でも変われたんだから、おかあさん、あなたのお子さんも変わることができるのです。

 

 

どうか、諦めないでください。

親御さんが諦めたら、お終いなのですから。

 

 

僕と一緒にお子さんの問題を考えていきませんか。

最後に言わせてください。

 

 

f:id:smilehousejapan:20161117183825j:plain

 

 

ありがとうございました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

 

新しい環境フィリピンで新しい人となる。やす

f:id:smilehousejapan:20170312114529j:plain

      この映画を見ることが僕の最初の宿題でした。

 

 

フィリピンに行く前に青木さんから何度も言われたこと。

 

 

「今までのやり方が間違っていた。やり方を知らないから、いつも失敗をしてきた。」

 

 

「僕たちがうまくいくやり方を教えるから、信じてその通りにやってほしい。」

 

 

「君が今しなければならないことは僕たちを信じて、僕たちの言う通りにやり続けることです。」

 

 

僕は青木さんに聞きました。

「僕に拒否権はないのですか?」

「なんだか、僕は青木さんの操り人形みたいで嫌です。」

 

 

そう思っていたのですが、なんだか気づいたら青木さんに説得されていた僕がいる。

 

 

フィリピンパブというお店があって綺麗な女性がたくさんいると調べてわかりました。

 

 

それで青木さんに「フィリピンパブに行って事前に色々とリサーチしたいのですが?」

と聞きました。

 

 

「行くな。」との青木さんからの返事でした。

行きたいという気持ちが強かった僕です。

 

 

内緒で行こうかと思いましたが、毎日のように国際電話でフィリピンから青木さんが僕の携帯にかけてきたので、諦めました。

この時にすでに青木さんの魔法にかけられていた僕です。

 

 

フィリピンに行く機内で隣にフィリピン人の女性がいたので、テンション上がりまくりました。

とても綺麗な女性でした。

 

 

僕が早速覚えたタガログ語で話しかけたら、日本語で「あなたフィリピン人ですか」と聞かれました。

とても嬉しかったです。

 

 

それからフィリピンに着くまで、ずーっと話しかけ続けました。

 

 

その人はフィリピンパブで働いている人で、里帰りだと言ってました。

 

 

フィリピンについてから、最初に青木さんが言ったことは「積極的に話しかけることはとても良いこと。でも相手の顔を見て、嫌そうな顔をしたら、話し続けることはやめなさい。」です。

 

 

「嫌な顔ってどんな顔ですか。」と僕が聞きました。

青木さんは変顔をしました。

 

 

「それは嫌な顔ではなくて、変な顔です。」と僕は青木さんに言いました。

 

 

「そうか、これは変な顔なのか?」と青木さんは笑いました。

僕も笑いました。

 

 

僕は思い出し笑いを続けていたので、青木さんは手を叩いて「笑うのはもうおしまいです。」と言いました。

やはり僕の操り人形化は着々と進んでいるようでした。

 

 

空港に着くとめちゃくちゃ綺麗な女性が僕を迎えに来てくれていました。

僕は驚いてしまい、フリーズしてしまいました。

 

 

動けなくなってしまうのです。

時々あります。

 

 

青木さんは事前に母親から僕に関してのことを徹底的に調べあげていたんだと思います。

フリーズする横で、水を飲んで佇んでいました。

 

 

僕のフリーズが溶け始めた頃、「WELCOME TO PH」と言って笑いました。

僕も少しだけ笑いました。

 

 

僕は新しい世界に来たのです。

もう警察のお世話になるのは嫌です。

新しい人に僕はなりたいと心の底から思いました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

 

フィリピンで再起を図る僕 やす

 

f:id:smilehousejapan:20140410104402j:plain

 

 

母親と話し合った。

 

 

母親は「やはり日本国内にいてはダメだ。将来が台無しになる。」と言った。

 

 

「沖縄とか北海道ではだめか。」と聞いたが、「国外に行くしかない。」と言われた。

 

 

「じゃあ、どこに行くんだ。」と聞いたら「アフリカに一緒に行こう。」と言われた。

 

 

警察官からは「地元にいると色々と問題を起こしてしまうので違う場所に移ることを母親と話してみてはどうか。そうしないと君の将来に傷がついてしまう。」と言った。

 

 

僕の頭は混乱していた。

何も考えられなくなっていた。

むしゃくしゃしたので、外に出た。

 

 

「どこに行くの?」と母親が僕に声をかけた。

母親は走って僕の後をついてきた。

 

 

「お願いだからもう他の人に迷惑をかけることはしないで。お願いだから。」と泣きながらすがるように僕に話しかけた。

 

 

僕も泣いた。

しゃがんで泣いた。

そして僕はその時決心した。

 

 

日本から出ることを決心しました。

母親とアフリカに行くことを決心しました。

 

 

決心してアフリカでボランティアをしている人とお会いしました。

そして色々とお話を聞きました。

とても優しく色々とお話ししてくれました。

 

 

でも僕にはとても難しい。

アフリカで生活していくことはできないと感じました。

 

 

そんな時に、青木さんのことを思い出しました。

青木さんと、母親と僕の3人で会って色々と話し合いました。

 

 

母親には席をはずしてもらって、青木さんと二人で色々と僕の悩みを話しました。

その時に話してくれたことで覚えているのは2つです。

 

 

1、「何が良くて何が悪いのかを毎日の暮らしの中で身につけていかなければならない。5年ぐらいはかかる。」

2、「女性との付き合い方を学ぶ。」

 

 

そしてもっとも僕が関心を寄せたことは、菜々緒似の女性がフィリピンにはいるということです。

f:id:smilehousejapan:20120528111626j:plain

 

f:id:smilehousejapan:20170311125046j:plain

          ヒロさんで言えば18号です。

 

最近の国際美人コンテストでも2回も優勝するくらい綺麗な人がフィリピンには多いのです。

 

 

それを聞いて、僕はフィリピンに行くことを決めました。

 

 

行くまでの間、朝から晩まで一日中タガログ語を必死になって話す練習をしました。

 

 

近くの教会にフィリピン人の人たちがミサで集まっていると聞き、僕も教会のミサに行って、話し相手になってくれるように頼みました。

 

毎日、フィリピン人の人たちと話す練習をお金を出してすることにしました。

 

 

3人のフィリピン人の女性と朝から晩まで一日中話すスケジュールを無理を言って組んでもらいました。

 

 

それとフィリピンの地図を青木さんからもらって暇があったら見続けて、頭に焼き付けました。

 

 

僕がフィリピンに行くまでに一ヶ月近くかかりました。

後になってわかったんですが、青木さんたちが僕のために環境を整えてくれていたんです。

 

 

そして僕の再起への道がこれから始まります。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

 

日本にはおれなくなって僕は再び海外へ行かされた やす

f:id:smilehousejapan:20130307183917j:plain

 

 

もう直ぐ20歳になろうとしていた。

 

 

母親が言った。

「教師をやめるから一緒にアフリカに移り住もう。アフリカで井戸を掘ったりするボランティアの人たちを紹介してもらったから、そこでお世話になろう。」

 

 

「ボランティアは年寄りがやるもので、僕みたいな若い人はやらないんだ。それとアフリカに行くといろいろな病気が蔓延しているから非常に危険だ。そんなところに行くべきではない。」と言った。

 

 

「それと僕は高校もちゃんと終了していないので、もう一度高校からやり直すつもりだ。(高卒認定試験は合格していましたが、ちゃんと3年間毎日学校に通学しないと、高卒とは認めたくないとその当時はそう自分で思っていました。)」

 

 

大きな声で母親に向かって怒鳴るように話したのでそれから母親は何も言わなくなりました。

 

 

家には青木さんが1ヶ月に数回来ては、僕と話して帰りました。

 

 

青木さんは、僕を日本から海外にだそうと企んでいたので、話は適当に合わせておきました。

 

 

それとカウンセリングや精神科にも通い続けました。

そうしたら母親もあまり何も言わないから。

 

 

「20歳になると、警察に捕まると、牢屋に入るよ。刑務所には危ない人たちがたくさんいて、生きた心地がしないそうだよ。」とこの時、母親は同じ話を何度もしていました。

 

 

そんな時にまた僕は事件を起こしてしまいます。

いつも行くコンビニは彼女の家の近くにあります。

その時には、菜々緒似の彼女への未練はなくなっていました。

 

 

そのコンビニで店長からこう言われました。

「お前、少しは真人間になったのか?」

僕はその人が話している意味がわからなかったので無視をして雑誌を立ち読みしていました。

 

 

そして、菓子パンとジュースを買ってレジに行ったら、こう言われました。

「犯罪を犯す人間にはこの店に来てほしくない。」

「お前が来ると他のお客さんの迷惑になるんだ。」

 

 

店長はそう言って僕がレジに出したパンとジュースを取りあげて、後ろの机におきました。

(僕はこのコンビニで2回警察に捕まっています。)

 

 

「もう来ないでくれ。」

その時の記憶は飛んでいて、よく覚えていないけれど、警察署で何度も確認されたので多分そう言ったんだと思います。

 

 

「殺すぞ。」

そして僕は拳を振り上げて、レジのカウンターを思いっきり叩いた。

「ぶっ殺してやる、お前たち。」

 

 

そして店長は直ぐに警察署に電話しました。

僕はその店を出て自宅に帰りました。

そうしたら自宅にパトカーが来て、僕は警察署に連れて行かれました。

 

 

母親も勤務先の学校を早退して、警察署に来ました。

この時はまた後日警察署に行きました。

今までとは違う雰囲気だったように思います。

 

 

自宅に帰宅して、僕は2階の自分の部屋に戻りました。

 

 

階下から、母親の声がしました。

母親は叫んでいました。

母親は何かを壊していました。

 

 

僕は怖くなったので部屋の鍵をかけて、ヘッドホンをして大きなボリュームで音楽を聞きました。

 

 

いつの間にか、僕は寝ていて、起きたら、母親が心配になり、階下に下りて行きました。

大変なことになっていました。

何もかもが壊されていました。

 

 

テレビでみた家庭内暴力の子どもの部屋みたいに破壊されまくっていました。

母親は着替えもせずに、居間で寝ていました。

 

 

僕はこの家を出ようと思いました。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

夜の新宿は僕には最高の場所だった やす

 

f:id:smilehousejapan:20161209194150j:plain

 

 

「君がしていることは悪いことだから、今すぐにやめないといけない。」

青木さんは家に来るたびに必ずその言葉を言って帰っていきます。

 

 

「女性につきまとったりすることをやめないと知らない人たちから攻撃を加えられるようになる。」

 

 

例えば家に石を投げられたり、街を歩いていたら唾を吐かれたりするようになる。

「それでいいですか?」と青木さんは僕に聞きました。

 

 

「嫌に決まっている。でも自分ではやめられない。」

「だから僕たちと一緒に暮らして、毎日いろいろ楽しいことをしながら、行動を変えられるように僕たちが教えてあげるから。」と青木さんは言った。

 

 

でも、「日本国内じゃなくて海外で」と言われたんで、お断りしました。

日本がいいに決まっていると思っていましたから。

 

 

その間に、カウンセリングを二ヶ所と精神科に一ヶ所とNPOに二ヶ所母親と一緒に行きました。

思うんですけれど、カウンセリングは僕には効果はなかったです。

 

 

少しは期待したけれど。

青木さんから「他の誰かが悪いとか良くないとか嫌いだ。ということは言わない、書かない。」と言われていますので、ここらへんにしておきます。

 

 

でもお母さんたちは気をつけた方がいいですね。

あちらこちらといろんなところに連れて回されると本人は余計混乱するだけです。

 

 

病院から自宅に帰る間に、話したいことが思い浮かんだり、夜静かにしていて、こんな気持ちなんだけれど、どう思うのかということがよくあったけれど、そんな時に僕の話を聞いてくれる人なんてこの世の中にはいないな。

 

 

でも母親はここにいてはダメだと何度も何度も言うので、僕は前から考えていた計画を実行した。

 

 

東京の新宿に独り住いすること。

そして風俗の店で店員になること。

 

 

青木さんは「一人暮らしをすると、ゴミ出しとか食事とか、自分で考えないといけないし、気付いたら今日1日誰とも話していなかったということにもなるから、一人暮らしははっきりダメだ。」と言いました。

 

 

でも母親はここから出てくれるんならそれは良いことだということで、僕は新宿近くのマンションに住むことになりました。

 

 

新宿は最高でした。

特に夜になると、大勢のきれいな女性が街を歩きます。

見たこともないほど綺麗な女性たちに僕はすごく興奮しました。

 

道で見つけた女性の後をつけたりはしなくなった。

また、女性の腕を掴んで、振り向かせることもしなくなった。

 

 

でもいいなと思った女性の写真を撮り続けたいと思った。

たくさんの女性の写真をアルバムにして見続けたいと考えました。

 

 

それでカメラを手にして、夜の新宿で歩いている出勤前の綺麗な女性を勝手に取っていたら、チンピラの人にいちゃもんをつけられて、金を取られた。

 

違う場所でやってもどこにでもチンピラの人たちがいて、その度に殴られたりお金を取られたりした。

 

 

でも僕の要求の方が怖さより強かったので、写真を撮ることをやめなかった。

 

 

3ヶ月ぐらいたってから、僕のマンションの郵便受けに「殺すぞ。」とマジックで書かれた紙と、僕が新宿で写真を撮っている姿の写真が入れてあったので、怖くなりました。

母親に事情を話して、自宅に帰ることにした。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

 

青木さんと会った。気があう人だと思った。やす

 

f:id:smilehousejapan:20160515112532j:plain

 

 

僕は3つの精神科に行った。

そして1つの病院で僕はアスペルガーだと診断を受けた。

 

 

「こだわりがとても強いのでうまくコントロールできるように訓練をしなさい。」と医者に言われた。

しばらく病院附属の施設に通っていたけれど、面白くないから行かなくなった。

 

僕はこんなふうに昔の事を何十回も思い出しては書き綴ってきた。

一人ではできない作業なので、いつも青木さんや他のスタッフとやった。

やるたびに青木さんと新しい発見をしてきた。

 

僕の何がどうなってこうなったのか。

世の中の人はこうするのに僕はこうした。

こうする事が良いこととか。

 

いろいろなことを教えて貰った。

でもそれは僕にはとても大変な作業だった。

気がおかしくなりそうだったし、何かをメチャクチャにして壊したい衝動にいつも駆られた。

 

 

でも、僕は今幸せだ。

昔の僕から今の僕が幽体離脱した。

そう思っている。

 

ヒロさんが好きな魔人ブーみたいに。

 

 

青木さんからの手紙を、読んで欲しいと母親から言われて読んだ。

でも何も思わなかった。

 

 

そんなことより僕はこの先どうすれば良いのか、わからなくなってきた。

 

 

東京に一人で住んでみたいと前から考えていた。

東京に住んで仕事は風俗のお店の従業員が一番あっていると考えた。

 

 

母親がサポートセンター名古屋の青木さんが訪問に来ると言った。

僕が返事をする前に、青木さんが自宅に勝手に来た。

 

 

来たのでついでに手紙に書いてあった事を色々と聞いてみた。

いろいろな情報を青木さんから聞いて、それはとても良かった。

 

 

青木さんが持ってきたケーキを、忘れて帰ろうとしたので、「忘れ物ですよ。」と青木さんに手渡したら、「それは君に食べて欲しくて、持ってきたんです。」と言った。

 

 

「中身はなんですか。」と聞いた。

モンブランにブルーチーズケーキとチーズケーキとニューョークチーズケーキとストロベリーケーキ。」

 

 

「青木さんは僕がチーズケーキが好きだいう事を知っているんですね。」と僕は言った。

とても嬉しかったので、この時の事はよく覚えています。

 

 

青木さんは顔に傷があったので、「その傷はどうしたんですか」と聞いたら、「急いで髭剃りをしたら、カミソリで切ってしまった。」と答えた。

 

 

「僕は髭が濃いので、ブラウンのシェバーを使っています。あれはいいですよ。」と青木さんに言ったら、「僕も使っている。」と青木さんは言った。

 

 

「何番をつかっていますか」と聞いたら、「シリーズ7です。あれは良い。」と言った。

それは一番高いやつなので、青木さんはお金がある人なんだということがわかった。

 

 

「ブウランのシェバーを持っているのになんで使わなかったのか」と聞いたら、「充電し忘れた。」と言った。

「これからは寝る前には必ず充電してください。」とアドバイスをさしあげた。

 

 

後から考えると、この時の会話は高校に入ってから自分がした最初のまともな会話だと思った。

ちゃんと相手と会話ができた最初のもの。

 

 

「いろんな事を知っているから助かるな。これからもいろんな事をアドバイスしてくださいね。お願いします。」と青木さんは僕に言って帰った。

 

 

「青木さんも知っている限りのSEXに関する情報を僕に教えてください。」と小さな声で話した。

 

 

近くに母親がいたからです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします

 

アメリカから日本に出戻って施設に入れられた僕 やす

 

f:id:smilehousejapan:20170131112724j:plain

 

 

警察に捕まって2日後には親戚の人に連れられてアメリカに行きました。

 

 

アメリカの滞在は最低でした。

ホストファミリーがひどい人たちだったので。

 

 

親切とお節介を履き違えている人たちです。

日曜日とか休みの日には僕を無理やり教会に連れて行こうとしました。

また夜には家族と一緒に聖書を読むように言われたのです。

 

 

すぐに母親に電話して、留学斡旋業者に文句を言いましたが、その人たちは何も仕事をしません。

 

 

1ヶ月に一度様子を見に来る程度です。

それで色々と注文しても何も改善されません。

 

 

 

早く帰りたいと何度も、何度も母親に電話をしてようやく帰れたのは8ヶ月後でした。

 

 

それと僕は英語はできると思っていましたが、発音が全然ダメで何を言っているのかわからなかった。

 

 

何を言っているのかわからないととてもストレスになります。

そのうち筆談を思いつきました。

筆談だとわかった。

 

 

とにかくアメリカ留学は最低だった。

それで日本に帰りました。

 

 

日本の空港に降り立ったら親戚の人と見知らぬ人が僕を待っていました。

見知らぬ人は施設の職員でした。

僕は施設で監禁されることになりました。

 

 

その施設は山深いところにあって、高い壁に囲まれていて、どう考えても逃げられないようにしてありました。

 

 

食事はひどかった。

囚人に与えるようなものでした。

 

 

それと、僕に対しての接し方が、家畜のような接し方でした。

 

 

やることはシール貼りとか民芸品の箱を折る作業を毎日朝から昼までやります。

 

 

昼食後は無理やり外に出さされて施設内をだらだらと5周歩きます。

これが体育ということです。

 

 

そのあとはお昼寝の時間です。

声をだしてはいけません。

瞑想しなさいと言われました。

 

 

僕は目を瞑ると女性の◯◯の姿が出てきますんで大変です。

瞑想は妄想に変わってきます。

 

 

それが終わるとワークブックで勉強です。

わからないところがあれば手を上げて先生に聞きます。

 

 

1ヶ月に一度、お坊さんが来て、長い話をして帰ります。

みんなの睡眠時間です。

 

 

そこの施設にいる人はみんな悪そうな連中ばかりでした。

施設内で違反を何回か繰り返すと、丸坊主にされます。

女子もです。

 

 

ほとんどみんな丸坊主でした。

僕は違反はしませんでしたが、短く髪を切ることになりました。

髪を切る担当の人が間違えて僕まで丸坊主にしました。

 

 

その人は笑っていたので、僕はわざとやったと思って、むしょうにこいつだけは生かしていてはダメだと強烈に思いました。

 

 

どうしたらここから出られるのか、仲間も一緒にだしてやりたいと思いました。

 

 

でもぼくと同じ考えをもっている囚人は他にもいて、その人のおかげで全員施設からでられることになりました。

 

 

僕は18歳になっていました。

施設にいた時に、高卒認定試験に受かったんで、母親が大学に行きなさいと言った。

で、僕は九州の親戚に預けられました。

 

 

そこで僕は女性の後をつけまわしてしまい、警察に捕まりました。

その後もう一度捕まってしまいます。

 

 

母親は本当に困ってしまっていました。

いずれ大きな犯罪を犯すのではないかと心配したそうです。

 

 

どこか息子を支援してくれる人はないかといつも探していそうです。

 

 

そんな時に、知り合いの人からサポートセンター名古屋を紹介されて、母親は相談に行きました。

 

 

「あなたのことを理解してくれる人たちがいたよ。」と泣きながら僕に話した母親。

 

 

泣いた顔を初めて見ました。

「お母さんが悪かったね。本当にごめんなさい。」というと大きな声で母親は泣きました。

 

 

それから代表の青木さんが書いた手紙を見ました。

「やすは読んで聞くのと自分で読むのどちらが良いの?」と母親に聞かれたんで、自分で手紙を読みました。

 

 

明日でおしまいにします。

ヒロさんがもうすぐ卒業なので、書きたいことがたくさんあるそうです。

早く終わって欲しいと言われました。

 

 

僕のブログをたくさんの人が読んでいてくださると言うことを聞いて興奮した僕です。

 

 

もっともっと書いてみたいと思いましたけれど、明日でさようならです。

 

 

下記バーナーのクリックを2つ押してください

 ご協力をお願いします
日本ブログ村に参加しています。

 

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村 ←こちらもクリックをお願いします。

 

にほんブログ村メンタルヘルスブログ発達障害へ ←  いつもご協力をありがとうこざいます。

          1位でいると新しい人たちが訪問してくれます。

          クリックをお願いします